Luna*ra

あなたが心細くなった時に、ふと思い出してくれればそれでいい

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
時計の長い針があと1周すれば
この日が終わる
私はテレビの前に座って
面白おかしい番組をながめている

なにごともなく時間は過ぎて
あっという間に長い針が数字から数字を渡った
私はあたたかい紅茶を飲みながら
ソファに体をあずけている

1分経ったその瞬間
世界のどこかでは
銃弾が空を切り人の体を抜けたかもしれない

それからまた1分経ったそのとき
冷たい鉄の筒からかたまりが飛び出したかもしれない

さらに1分経ったそのとき
どこかの水が枯れ果ててしまったかもしれない

そしてまた1分経ったら
痩せこけた子どもの命が消えてしまったかもしれない

そんなことを考えて10分経った
私はここで生きている

それからまた1分経ったとき
誰かが悲しみの涙を流し
誰かがやるせない思いで
他の誰かを傷つけてしまったかもしれない

そうしている内に15分経った
私は心安らかに
あなたのことを想っている
なんてしあわせなことだろう
あなたにも届けたい

1分経ったら誰かと誰かが出会い
手をつなぎ
さらに1分経ったそのとき
新しい命が生まれたかもしれない

1分1秒を重ねて命をつむぐ
そのありがたさを
1秒後にそこから飛び降りようとしている君に
伝えることが出来たらいいのに

世界中へ 祈りたい
メリークリスマス

だけど本当は
祈るということがどういうことかさえ分からないままで

時計の針は12を超えた
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nara503.blog76.fc2.com/tb.php/131-1969b950

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。